読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perl入学式 in東京 第2回行ってきた

前回

na3ksg.hatenablog.com
先月、Perl入学式に感動し興奮さめやらぬ中で感想記事を書いたら、自分のインターネット史上最大級に反響があり承認欲求が満たされた。
「ブログで食っていく」みたいな夢物語みたいな事を言っている連中の気持ちが少し理解できた。

感想

会場を見回すと受講生の数は前回と変らない30人超の大入り。
その中でも3割位は2回目から参加の人がいた印象。

講師は@umaaaaa_chan さん。今回がPerl入学式講師デビューなのにPerlの基本構文という序盤の山場で登場し、そつなくこなしていた。さすがだった。

講義の最終課題、Fizz Buzz問題をノーヒントで回答できて嬉しかった。 この時、講師の模範解答と自分の回答が少し違っていたのでサポーターの @xtetsuji さんに見ていただいた。コードレビューなんていったら大袈裟なのかもしれないが、独学でプログラミングを学んでいる自分にとってはプロのソフトウェアエンジニアに自分が書いたコードに助言をいただける良い機会だった。

Perl入学式のバイブス

バイブスとは

バイブス

(言葉によらず伝わってくる)雰囲気、心の中、考え方といったことを意味する英語。レゲエやヒップホップ音楽では「ノリ」「気合い」「フィーリング」>などを表す。実際に使用される際の意味合いは漠然としており、「いいバイブス」(いい雰囲気、ノリがいい)、「バイブス上がってきた」(気分が高揚して>きた)といったように使われる。13年6月、「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)に登場したモデル・今井華が、日本の若い女性が使う言葉「ギャル語」とし>てバイブスを取り上げたこともあり、世間的に認知されてきている。

講義中に受講生が質問し、それがきっかけになりサポーターが回答。さらに、その回答を他のサポーターが補足してディープなPerlの話が広がっていった場面や練習問題で躓いた受講生にワンツーマンでサポートするサポーター陣にPerl入学式のバイブスを感じた。
他のIT勉強会に参加したことがないので一概には断定できないが、この時感じたバイブスがPerlコミュニティが活発な所以なのかもしれない。

要望

毎回講義の最後に次回予告をしてほしい。
自分自身プログラミング入門者で毎回、講義についていけるかヒヤヒヤしているので、次回、どんな内容を学習するか予告をしてもらえれば予習できる。

まとめ

今回も随所にPerl入学式5年目のバイブスを感じることができる最高の勉強会だった。
受講生、サポーターの皆さん今回も約5時間の長丁場お疲れ様でした。
次回の7月にお会いできるのを楽しみにしています。