『土日でわかるPHPプログラミング教室』読んだ

近所の図書館にあったので借りて読んだ。
本のタイトルに「土日でわかる」とあるが実際には金曜日の章も存在しており環境構築をする必要がある。
土曜日の章ではPHPの基礎をひと通り学習し、日曜日の章でPHP製WebフレームワークFuelPHPを使って実際にWebアプリを作成する。

PHPの基礎は他の入門書で学習していたので日曜日の章を実際に手を動かしながら2周した。

全体で200P超しかないので、当然広く浅くなのだがWebフレームワーク、vagrantCSSフレームワークのBootstrapを1冊の本でひと通り触れるのが偉大。
サポートページも充実している。
環境構築の章で必要なソフトウェアの.exeファイルをZIPでダウンロードさせるアイディアは目からウロコだった。
初学者にとっては英語の公式HPをポチポチして必要なソフトウェアをインストールするのは負担だったりするので、良く工夫されている。

2018年1月に読んだ本

13冊読んだ

良かった本

日本格闘技の大きな転換点、高田☓ヒクソンの試合にフォーカスを当てた本
Amazonビデオの「有田と週刊プロレスと」を合わせて観るとより楽しめる。

インターネット黎明期のシェアハウス小説

イマイチだった本

該当なし

2107年12月に読んだ本

3冊読んだ

成功者K

成功者K

多分、半分くらいノンフィクション
オチがよくわからず。

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

anond.hatelabo.jp

上記の増田を読んだら読みたくなった
設定で全て持っていかれた
オチがイマイチだったが面白かった。

横書きで驚いた。

2017年11月に読んだ本

2冊読んだ

アナログ

アナログ

1時間位でサクッと読める
有名人の小ネタなどもあって読みやすい。

前半はホリエモンのセミナーの宣伝
後半はいつものホリエモン本。

2017年10月に読んだ本

4冊読んだ 少ないので全て紹介

社畜の品格 (富士見L文庫)

社畜の品格 (富士見L文庫)

著者が埼玉県出身だったので浦和の須原屋で表紙買い
久しぶりにライトノベル読んだ。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

色んなブログで紹介されているが、とにかく面白い。一気に読んだ。

半分位CAMPFIREの宣伝
phaとの対談だけ読んだ。

寝てもとれない疲れをとる本

寝てもとれない疲れをとる本

東洋医学に興味があるので読んだ。

2017年9月に読んだ本

18冊読んだ

良かった本

路地の子

路地の子

日本の路地を旅する (文春文庫)

日本の路地を旅する (文春文庫)

一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリートでハマった上原善広氏の本。著者買い。
2冊で内容がかぶる箇所もあるが、楽しく読める。
共通してあとがきが面白い。

イマイチだった本

飯場へ: 暮らしと仕事を記録する

飯場へ: 暮らしと仕事を記録する

他の日雇い労働者ルポに比べるとイマイチ 記録が古いのが気になった。

期待していた内容と違った。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

洗脳ぽくてイマイチ

2017年8月に読んだ本

12冊読んだ
夏休みで冊数を稼いだ

良かった本

吉田豪の空手★バカ一代

吉田豪の空手★バカ一代

空手家との対談本
空手家は人間臭い人が多くて良い
滅茶苦茶なエピソードが盛りだくさん

イマイチだった本

著者の横尾忠則氏が芸術家とは知らずに手に取ってしまったので、芸術関連の本紹介が多く断念。